メニュー

高血圧

高血圧を治療することで予防される疾患

心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、腎臓病、閉塞性動脈硬化症

定義

日本高血圧学会の高血圧診断基準では、
診察室での収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上の場合を高血圧と診断します。家庭血圧の場合は診察室血圧よりも5mmHg低い値が用いられます。(つまり135/85mmHg以上)
ただし、家庭血圧の方が脳梗塞や心筋梗塞の発症と相関しやすいことが知られており当院でも家庭血圧を中心とした治療コントロールを行っております。

特定の心臓の病気や腎臓の病気、脳の病気がある方は収縮期血圧130mmHg以下、拡張期血圧が80mmHg以下へ下げることが推奨されております。一度ご相談ください。

原因

85-90%は原因のはっきりしない本態性高血圧です。そのため初めて高血圧の方が来院された場合は、2次性高血圧(全体の10-15%)と呼ばれる他の疾患や薬剤などによって引き起こされる高血圧を除外する必要があります。
血管に高い圧がかかる事によって、動脈硬化が進行し全身の疾患の発症につながります。

2次性高血圧の原因

ホルモン異常(褐色細胞腫・原発性アルドステロン症・甲状腺機能亢進症など)、腎血管性高血圧、薬剤性など

治療

まずは生活習慣(運動・食事など)の改善です。初診からかなり高い値を示している場合は数日間の家庭血圧の測定を経て投薬を開始することもあります。

日々の生活でできること

節酒

エタノール換算で男性20-30ml以下(日本酒1合、ビール中瓶1本、焼酎半合、ウイスキータブル1杯、ワイン2杯)、女性10-20ml以下が推奨されています。

塩分制限

塩分を1g減らすと、血圧は1mmHg減ることが知られています。また、心筋梗塞などの心臓の病気を減らすことが報告されています。塩分制限は食事が美味しくなくなるなどネガティブなイメージも多いですが、生活の中で取り入れやすいご提案を行っています。

日本高血圧学会での推奨量は1日6g未満です。

肥満のコントロール

体重を減らすことで血圧コントロールが良好になります。

特に、塩分制限や肥満などについて当院では栄養指導を行なっています。
お気軽にご相談ください。

よくある質問

Q 血圧はいつ測ればいいの?

現在、準備中です。

Q血圧はどのようにして測るの?

現在、準備中です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME